公開日: |最終更新日時:

任意整理の成功事例とは?

この記事では、任整整理の経緯や実施後の状況など含め成功事例を紹介していきます。任意整理でどの程度負担を軽減できるのか気になる方などは、参考にしてみてください。

クレジットカードのキャッシングによる借金を任意整理

1つ目は、生活費の支払いにクレジットカードのキャッシング機能を利用し続けていたところ、100万円以上の借金となってしまい、減額を検討した方の事例について紹介します。

任意整理までの出来事

Aさんの場合は、生活費の支払いにクレジットカードのキャッシング枠を利用していました。しかし、何度もキャッシング枠を利用し、返済のためにクレジットカードの枚数を増やしながらキャッシング枠をさらに利用したことで合計176万円以上の借金となってしまいました。その結果、Aさんは自力返済の厳しい状態となります。

解決策は?

Aさんは、弁護士へ借金について相談しました。すると弁護士は、現時点で安定した収入を持っている点に着目し、任意整理の手続きを進めることとなります。任意整理の結果は、借金の総額69万円まで減額しました。さらに過払い金返還によって25万円以上手元に戻ってきたことで、毎月の返済額が半額程度にまで下がりました。

キャッシングによる大きな借金を任意整理

2つ目は、キャッシングを繰り返したことで自力返済できないほど借金が膨らんでしまったケースを紹介します。

任意整理までの出来事

Bさんは、車の改造やギャンブルが好きなため、出費がかさんでしまいキャッシングの利用を繰り返していました。しかし、返済のスパンを超えるキャッシングだったため、350万円程度の借金となってしまいました。さらにBさんは利息分しか返済できず、かつ養育費の捻出も難しい状況のため、弁護士へ相談を行いました。

解決策は?

Bさんは弁護士へ借金整理の相談を行ったところ、任意整理によって大幅な減額が見込めるという話を受け、任意整理を依頼しました。すると約350万円まで膨らんでいた借金のうち約260万円減額となり、任意整理後2年弱で完成できたようです。

任意整理で住宅を手放すことなく返済できた

3つ目は、住宅ローンと借金の負担が大きい状態となり、債務整理を行ったケースを紹介します。

任意整理までの出来事

Cさんの場合は、住宅ローンを組んでいたものの総額約400万円の借金を別途抱えていました。しかし、住宅ローンと借金400万円の返済は、現時点の収入状況では難しい状況で弁護士に個人再生を前提とした祖相談を行います。そこへCさんの勤務先の社長が心配をし、個人で融資を受け付けるという話を持ち掛けます。Cさんは、個人間融資のリスクを感じたものの、心配してくれている気持ちを無視することはできないと思い、申し出を受け入れました。

解決策は?

Cさんの担当弁護士は、CさんとCさんの社長との間で交わされた融資を知り、個人再生から任意整理による借金の減額を目指し動きます。また、弁護士は債権者へ一括払いを前提とした減額交渉を持ち掛け、約300万円の借金を150万円まで減額することに成功しました。さらに他の債権者からも一定の減額を認めてもらったことで、返済負担を削減できたようです。

消費者金融4社・信販会社の借金を任意整理

4つ目は、長年借り入れと返済を繰り返したことで、結果的に借金が膨らんだケースを紹介します。

任意整理までの出来事

Dさんの場合は、10年以上前から借り入れを繰り返していたため、総額377万円の借金を抱えていました。また、借入先は消費者金融4社、信販会社1社という複数社からの借り入れによって利息負担も増加傾向でした。

解決策は?

長年借金の返済が続いていたDさんは、弁護士へ相談を行いました。すると弁護士から任意整理や過払い金請求などの提案があり、実際にそれぞれの手続きを進めることとなります。結果は、借金総額377万円が6万円まで減額し、過払い金として93万円を手元に戻すことができました。

任意整理の成功とは?

任意整理における成功とは、債権者との減額交渉に関する和解と完済です。特に重要なポイントは完済といえます。借金の返済が終了しなければ、任意整理の成功とはいえません。次の項目では、任意整理を成功させるための細かなポイントを解説していきます。

任意整理を成功させるためのポイントとは?

最後に任意整理を成功させるための主なポイントを分かりやすく紹介します。

任意整理後の返済計画を立てる

前述でも触れましたが任意整理の成功は、借金の完済です。任意整理そのものは、借金の減額までしか行うことができないため、自身で返済を続ける必要はあります。そこで、減額された借金を完済するために具体的な返済計画を事前に立てておくのも重要なポイントです。また、無理なく返済を続けられるよう、弁護士と相談してみるのも大切です。

任意整理を専門にしている弁護士に依頼する

弁護士によっては、任意整理の交渉や手続きの経験がほとんどないケースもあります。このような弁護士に依頼してしまうと、和解交渉失敗や大幅な減額ができないなどといったリスクが生じます。借金の完済へ向けて動くには、任意整理専門の弁護士に依頼するのが基本です。

東京都内で任意整理をするなら 相談しやすい弁護士事務所6選