公開日: |最終更新日時:

クレジットカードの返済ができなくなった

クレジットカードの任意整理で対象になるのは?

ショッピングのリボ払いも対象になるか?

クレジットカードのショッピング払いも任意整理の対象です。
任意整理に成功すると、債権者との合意した後に発生する利息をカットできるので月々の支払いも楽になります。
最近の傾向として消費者金融よりもクレジットカードの任意整理が増えている傾向があるようなので、困ったら任意整理を相談してみましょう。

金利が高ければ減額や過払いの対象になる?

2007年よりも前からクレジットカードのキャッシングを利用している場合には過払い金が発生しやすくなっています。しかし、ショッピング利用の場合には過払い金は発生しません。
また、最近作成したクレジットカードの場合には、利息が18%以下となっていて利息制限法以内で設定されています。そのため、過払い金請求や債務の減額はできません。
債務減額や過払い金請求ができない場合であっても、今後の利息をなくして毎月の返済額を減らすという通常の任意整理は可能です。

クレジットカードの任意整理時の注意点

カード払いにしている光熱費・交通費は銀行引き落としにする

任意整理するとクレジットカードは個人信用情報がブラックになってしまうため、使えなくなってしまいます。
そのため、光熱費や携帯代の支払い方法としてカード払いを設定している場合には、任意整理依頼前・遅くても依頼直後に銀行引き落としに変更しておきましょう。クレジットカード会社から発行されたETCクレジットカード会社が発行しているETCカードを利用している場合にはETCカードも使えなくなってしまうので、代わりに高速道路会社のETCパーソナルカードを利用するようにしましょう。

任意整理から外したクレジットカードがある場合は、そのカードをしばらく利用できます。しかし、クレジットカード会社では定期的に利用状況に問題が発生していないかを「途上与信」で確認していていつかはバレてしまいます。残していたクレジットカードがあっても、やがて利用できなくなってしまうので早めに支払い方法を変更しましょう。

クレジットカードで任意整理するメリットは?

今後の利息をカットできる

任意整理する前には元本の金額+利息を毎月支払っている状態です。そのため、払い続けていても完済するのには時間がかかってしまいます。
任意整理することで債権者と合意した後に発生する利息の支払いが不要となります。完済までの総返済額を大きく減らすことができるというメリットがあります。
およそ5年以内に完済できるゴールが見える
リボ払いを利用していると借り入れの残高がかさんでしまい、完済時期や目途が立たなくなってしまう場合もあります。そのような場合であっても、任意整理であれば多くの場合におよそ5年以内に借金を完済する計画を立てることになります。
任意整理をすることで借金返済の苦悩から解放された人生を手に入れることができます。

東京都内で任意整理をするなら 相談しやすい弁護士事務所6選