公開日: |最終更新日時:

任意整理の後にキャッシングはできる?

支払いが苦しくなって任意整理をしたい。それでもその後にお金がなくなったらどうしようという不安がぬぐえなくて迷っている。そんな人のために、任意整理中にキャッシングができるのか、任意整理のリスクについてもまとめました。任意整理をした後、気になることとして、お金がない時にキャッシングなどを利用できるのかについてまとめました。

任意整理後にキャッシングはできる?

任意整理の返済分を完済したあとは、キャッシングはできるようになるのでしょうか。

任意整理でキャッシングなど新たな借金ができなくなるのは、信用情報機関のブラックリストに載ってしまい、信用を得られなくなるためという話をしました。金融機関がキャッシングできるかどうかを判断するときは、かならず信用情報機関を利用します。そのため、ブラックリストに載っている間はキャッシングが難しいのですが、このブラックリストへの掲載は、完済後5年経過すると削除されます。

そのため、新たに金融機関が審査をした時に、完済後5年以上経過していればキャッシングもできるようになるでしょう。ただ、これには例外があり、過去に返済できなくなった金融機関には、その情報が残ります。そのため、任意整理した金融機関では、その先審査が通らないという可能性は十分にあり得ます。

キャッシングとは

そもそも、キャッシングとはどんなことを指すのでしょうか?

キャッシングとは、クレジットカードに付随しているものや、キャッシング専用のカードがあるものなど、その形態は、さまざまではありますが、現金を借りることができるサービスのことを指しています。 住宅ローンや自動車ローン、クレジットカードのショッピング利用などは、直接現金を受け取るかたちで借りるものではないので、キャッシングには含まれません。

キャッシングができる可能性はあるの?

契約中の金融機関からはキャッシング可能なケースも

すでに契約している金融機関からのキャッシングは可能なこともあります。

継続的に利用している金融機関の場合、定期的に信用情報の確認はしますが、任意整理直後であれば、まだ最近の情報についての確認を行なっていない場合があります。

更新が行われるまでの期間であれば、まだ信用があるものとして判断されているため、キャッシングが可能です。

ただし、返済を待ってもらうことになる任意整理をしながら、キャッシングを行うということは「返せない借金を重ねる」と同じこと。悪質な利用者とみなされてしまうと、任意整理そのものが難しくなる可能性もあるため、キャッシングの利用はおすすめしません。

中小の金融機関を利用する

中小の金融機関を利用するのも手段のひとつ。中小の金融機関は、大手に比べて審査が甘く設定されている所が多くあります。

そのため、場合によっては、債務整理後でもキャッシングできる可能性があるのです。また、中小の金融機関の場合には、利率が高く設定されている場合もあります。

任意整理後の返済計画にも影響が出る可能性が高くなるため、利用はおすすめしません。悪質な利用者とみなされてしまう可能性も高くなるので、借りる前には、任意整理を行った事務所に確認するようにしましょう。

任意整理前のキャッシングはあり?

任意整理をした後のキャッシングがは、おすすめできません。任意整理をすることを決めたら、その時点から新たな借金となる、キャッシングはやめておきましょう。

任意整理をする時に、金融機関側も直近の利用状況などは把握しています。任意整理直前にキャッシングをする行為は、「返せないとわかっていながら借りている」ことにあり、悪質であると判断される可能性があります。

任意整理というのは、いわゆる和解交渉をするということなので、和解交渉の時に悪質な利用者であると思われているか、思われていないかでは、交渉の結果が変わってくる場合があります。

そのため、交渉で不利益を少なくするためにも、悪質と判断されるような行為、任意整理直前のキャッシングは避けたほうが賢明だと言えます。

任意整理中はキャッシングはできない

抱えている借金を任意整理した場合、任意整理中の期間は返済能力がないものとされます。そうなると、信用情報機関のいわゆる「ブラックリスト」に情報がのってしまいます。

新たに審査することになったときに、返済能力がないものと判断され、基本的に借金などはできないと考えていた方が良いでしょう。そしてキャッシングは呼び方こそ違いますが、これも現金を借りる借金にあたるため、任意整理中は新たなキャッシングはできません。

任意整理中にキャッシングする際のリスク

任意整理中にキャッシングができたとして、リスクは全くないのでしょうか?

任意整理中、キャッシングができたとしても、任意整理中だからと言って任意整理が終わるまで返済を待ってくれるようなことはありません。返済を待ってはくれないということは、任意整理で決まった返済額に上乗せされて返済をする必要があるということになります。そうなると、今よりも生活が苦しくなってしまったり、返済できなくなってしまう可能性もあるので、任意整理中には新たなキャッシングも含めた借金はしない方が良いと言えるでしょう。

もしキャッシングするとするなら、どうしても病気やケガの治療のためにお金が必要であるなどの、本当に緊急で本当に必要な時だけ、それ以外での新たなキャッシングは、審査がまだ通っているとしてもおすすめはできません。

任意整理後にどうしてもお金が必要になったら

任意整理をして、まだ返済をしている最中にお金が必要になったらどうしようと不安になっている時には、借金は増やさずに返済していくことにこしたことはありません。

しかし、人間ですから、病気になってお金が必要になるなどやむを得ない場合も出てきます。日本には、そんな時の救済システムとして、「生活福祉資金貸付」という制度が存在します。

この制度は、市区町村の社会福祉協議会が窓口となっている貸付制度です。どうしても任意整理後にお金が必要になった場合には、このような国の制度を利用できないか相談してみましょう。その他にも、任意整理を行っている弁護士事務所に相談する方法もあります。

東京都内で任意整理をするなら 相談しやすい弁護士事務所6選