過払い金

過払い金も債務整理の方法のひとつです。
ここでは、過払い金の特徴やメリット・デメリットについて、任意整理と比較しながら見ていきましょう。

過払い金とは?

過払い金とは、カードローンやキャッシングなどであなたが貸金業者に支払い過ぎていた利息分の金を、債権者との調整で取り戻す手続きのことです。

どんなケースで発生するもの?

お金を借りるときの金利は、法律で上限が決められています。現在の金利は以下の通りです。

  • 10万円未満の借り入れ:金利は20%まで
  • 10万円以上~100万円未満の借り入れ:金利は18%まで
  • 100万円以上の借り入れ:金利は15%まで

しかし以前は上限を20%とする「利息制限法」と、29.2%とする「出資法」の2つの法律が存在し、多くの貸金業者が出資法の上限金利である29.2%で貸付をしていました。
2010年6月に貸金業法と出資法が改正され、上限金利が出資法の29.2%から利息制限法と同等の20%へ引き下げられましたが、この2つの法律の上限金利の差は「グレーゾーン金利」と呼ばれ、多く払いすぎた利息分を「過払い金」として貸金業者に返還請求できるようになったのです。

業者によって時期が異なりますが、多くの貸金業者は2007~2010年頃に上限金利を引き下げたので、2010年6月以前に借り入れをしていた方には過払い金が発生している可能性があります。

どんな流れで過払い金が回収できるの?

過払い金返還請求手続きの流れを見ていきましょう。

1.相談、委任、過払い金調査

まずは過払い金があるかどうかを専門家(弁護士または司法書士)に調査してもらいます。
専門家は債権業者に受任通知を発送し、開示された取引履歴を利息制限法に基づいて、過払い金有無と金額を確認します。

2.和解交渉

業者に対して過払い金の返還を求めます。
先方から和解案の提示があった場合は、和解をするか、和解案の金額が低すぎる場合には和解に応じず裁判で過払い金返還請求を行なうかを選択します。

3.過払い金回収

和解した後、どれくらいの期間で過払い金が返還されるかは業者によって異なります。
対応の早い業者であれば翌月には返還されますが、半年後になるような業者もあります。

任意整理と過払い金

任意整理とは、裁判を通さず話し合いで行う債務整理のことです。
一方、過払い金請求とは、払いすぎた利息を取り戻す手続きのこと。
過払い金請求は任意整理の一環として行われる場合がありますが、もし過払い金が発生していれば、借金の元本から返済分として差し引いた上で、返済計画を立てていきます

2010年の法改正以前の借金がある場合は、ぜひ弁護士または司法書士に相談してみてください。

任意整理の相談がしやすい東京の弁護士事務所3選