任意整理とは

債務整理には「任意整理」「個人再生(民事再生)」「自己破産」「過払い金請求」など、目的と手段の異なる方法がいくつかあります。
ここではその中でも「任意整理」について、その詳細やメリット・デメリット、向いている人・向かない人について分かりやすくご紹介します。

任意整理とは?

任意整理は債務整理の一種。
自己破産のように借金をゼロにすることはできませんが、将来かかるはずだった利息をカットし長期分割払いで返済することで、月々の支払い額を減らすことができます。

お金を貸した側と借りた側の交渉・和解で手続きが完了するため、他の債務整理のように裁判所を通す必要はありません。そのため、手続きにかかる手間も比較的少なくて済みます。

任意整理のメリット

任意整理のメリットは、大きく分けて以下の6点です。

1.月々の返済が楽になる

借金は元金を返さない限りなくなりません。任意整理では、遅延損害金や将来発生する利息を免除してもらい、残りの金額を確実に返済することになります。

利息が返済額を占める割合が大きく、毎月返済しているのに元金がなかなか減らない状況に陥っている人も少なくありません。
例えば利率が年15%だとすると、100万円を借りて3年で返済した場合は、単純計算で総返済額は約125万円に。利息だけで25万円近くかかっているのです。
借金を返しても返しても返し終えない感覚に陥る原因は、この利息にあるといえるでしょう。

将来の利息を免除してもらえば返済総額が減り、返済のゴールが見えてきます
「利息ばかり払っていつ返済が終わるか分からない」といった不安がなくなり、生活の再建のめどをつけられるのは大きなメリットといえるでしょう。

2.裁判所を介さないので、
手続きが簡単

裁判所の判断が不要な債務整理は任意整理だけです。債権者(お金を貸す側)と債務者(お金を借りた側)との話し合いで、借金を整理する手続きが進みます。
一方、他の債務整理方法である「自己破産」「個人再生」では裁判所が間に入り、借金の減額またはゼロにする是非を確認します。手間も時間もお金もかかりますし、許可が下りず他の方法での債務整理を再検討しなければならないことも。

任意整理に必要な資料収集や計算、先方との交渉などは、弁護士や司法書士に依頼すれば専門家がすべて処理してくれます。
相談者は交渉の結果を聞いて、合意できるかどうかを判断するだけで良いのです。

3.どの借金を整理するか、
自由に選択できる

一部の借金だけを選んで整理できるのも、任意整理の大きな特徴です。

例えば住宅ローンには抵当権が付いているので、債務整理をすると持ち家が競売にかけられる恐れがあります。しかし、整理先から外しておけばこうした心配は不要です。
また、借金に保証人がいる場合、保証人に取立てがいってしまう場合もありますが、こちらも整理先から外せば引き続き自分で対処することになるため、保証人に迷惑をかけることがありません

4.財産を維持できる

自己破産や個人再生とは違い、任意整理では、持ち家や自動車をはじめ、残したい財産を手元に残すことができます。
前述のように、任意整理では一部の借金だけを選んで整理することができるので、現在支払っている住宅ローンや車のローンを任意整理の対象から外すことで、これら財産を維持できるのです。
絶対に手放したくない財産がある方には、任意整理がおすすめです。

5.家族や職場にバレずに
手続きできる

家族や職場にバレずに借金を整理したい。そう考える方は多いでしょう。
任意整理なら、基本的に債権者との交渉なので、提出書類を用意する際に家族や職場に知られるリスクがほとんどありません。裁判所の判断も不要で、誰でも目を通せる官報に個人情報が載ることもなく、第三者に知られるリスクは低いといえます。

弁護士や司法書士などの専門家に依頼すれば、その時点で窓口が債務者本人から専門家に変わるので、債権者からの連絡・通知が自宅や職場に届くこともなくなります。

6.専門家に依頼すれば
取立てもなくなる

借金の延滞などが続き、激しい取立てや毎月自宅に届く請求書に怯えている人は、任意整理の手続きをすることで、こうした取り立てから逃れることができます。

弁護士や司法書士といった専門家は、任意整理の依頼を受けたら債権者側に「受任通知」を発送。受け取った債権者はその後、債務者に取立ての電話やDMを送ることが原則的にできなくなります

取立ての停止により、債務者は平穏な生活を取り戻せるでしょう。
任意整理中は借金返済が一時的にストップするので、この間に生活を立て直すことを試みてください。
もちろん、弁護士や司法書士に支払う費用を貯めたり、支払いの原資を積み立てたりするなど、今後の準備をすることもできますね。

任意整理のデメリット

任意整理のデメリットは、大きく分けて以下の2点です。

1.事故情報に登録される

他の債務整理手続きと同じように、任意整理をすることで信用情報機関の事故情報に登録されます。いわゆる「ブラックリストに載る」ということです。
ただし、信用情報を確認できる人はごく一部に限られるため、そこから家族や職場にばれる可能性はありません。

2.新たな借り入れができなくなる

信用情報機関の事故情報に登録されている期間中は、新たにローンを組んだり、クレジットカードを作ったりすることが難しくなります。発行済みのクレジットカードによる新たな借り入れも同様です。
登録される期間は、債務整理の場合は全ての借金を返済し終えてから5年程度といわれています。

借り入れではなくキャッシュレス決済が目的なら、銀行が発行するデビットカードや、配偶者の家族カード、チャージ式のプリペイドカード類を選びましょう。
これらには事故情報が関係しないため、任意整理中でも新規発行も使用もできる場合がほとんどです。

任意整理が向く人・向かない人

任意整理に向く人

比較的楽に、短期間で手続きが終わる任意整理ですが、どのケースでも適用となるわけではありません。
任意整理は「借金の返済をし続けながら生活を再建すること」を想定しているため、次のような人に向いていると言えるでしょう。

  • 借金額が大きすぎない人
  • 一定の収入または財産があり、分割で返済可能と信頼してもらえる人

具体的には「借金額が300万円くらいまでの人」「パート・アルバイトではなく会社員や公務員として働いており、一定の収入が見込め、毎月の返済を確実に継続できる人」です(その人の収入や所有財産にもよります)。
もちろん、上記に当てはまらずとも任意整理ができる場合も多々あります。専門家に相談すれば、あなたの借金や日々の生活を確認した上で最適な債務整理方法を提案してくれます。

任意整理に向かない人

反対に、任意整理に向かない人のは次のような人です。

  • 借金額が大きい人
  • これまで一度も返済したことがない人(返済能力がない人)
  • 借金がかさんで生活苦になり、生活保護を受けたいと考えている人
  • 雇用が不安定で収入を確保できない人
  • 無職の人

繰り返しますが、任意整理とは「借金を確実に返済するための計画を立て直す法的手続き」のことです。そもそも返す当てのない人は、全ての借金を清算する「自己破産」や、借金自体を圧縮する(減らす)「個人再生」の方が向いているかもしれません
もちろんそれぞれにメリットとデメリット、適用条件があります。自己判断する前に、どの方法が良いか専門家に相談してみましょう。

任意整理について
もっと詳しく知りたい

どんな流れで任意整理が進む?もしも任意整理後に借金したくなったらどうする?
以下のページでは、それぞれの疑問について詳しく解説しています。

任意整理の相談がしやすい東京の弁護士事務所3選